娘の保育園最後の運動会がありました。そこから感じたこと。

オピニオン

「らくいき」管理人のりかです。

 

昨日、5歳の娘の保育園最後の運動会がありました。

 

スポンサーリンク

保育園最後の運動会

 

台風が来ている中、

朝は雨が降っていて中止かなと思っていましたが

台風の進路はそれて

小雨降る中運動会スタート。

途中から子供たちのパワーのおかげか晴れ渡り、

夏のような暑さの中

子供たちはみんな素晴らしいリレー・演技・競技でした!!

 

Twitterでつぶやくと

子供さんがいる方から

『子供の保育園最後の運動会を思い出しました!』

など返信やいいね!がつきました。

 

https://twitter.com/rikarespirator1/status/1048486370853810176

 

 

たった5年なのに…

子供の成長スピードはものすごく速く、

子供のパワーは本当にすごいです!!

 

娘が通っている保育園

 

 

娘が通っている保育園は

園長先生はじめ他の先生方も

本当に子供を第一優先で日々の生活や行事を考えてくれます。

 

本当に頭が上がりません。

 

まとめ:保育園や保育士の待遇と未来の子供たちにできること

 

待機児童や保育士の待遇・給料など

世間ではいろいろ言われています。

 

『保育士の仕事は誰でもできる仕事なので報酬が低くて当たり前』

本当にそうでしょうか?

 

私個人的には

子供たち第一優先で運営している保育園は

(=自分たちの利益ばかり追求していない保育園は)

園長先生はじめ先生方の努力は嫌というほど伝わってくるので

園や保育士への報酬はアップしても良いのでは?

と思っています。

 

そうなると財政的なことが問題に上がってきますが…。

 

子育てをしていて思うのは

『子供を育てるのは誰でもできる仕事ではない』

ということ。

 

自分の子供だけでなく、

自分の近くにいる子供たちも幸せになるよう

私にできることは小さなことでもしていこうと感じた日でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント